コーキング工事はお済みですか?ぜひ外壁塗装とご一緒に!

2022年3月31日更新

下地処理に行うコーキング工事。

工事では塗装に意識がいってしまうかもしれませんが、コーキングのメンテナンスも同じくらい大切なことです。

 

コーキングが古くなっていると建物の中に水が入ってきてしまいますから、定期的に新しくしておきましょう。

 

コーキング工事は外壁塗装と作業が被り、足場も必要ですからメンテナンスコストの節約のために同じタイミングで行うのがおすすめ!

それではコーキング工事について解説していきます!

 

【コーキングとは?】

コーキングの画像

 

コーキングとは建物の気密性や防水性向上を目的として使われる材料です。

樹脂を主成分とし、ゴムのような弾力性と撥水性があります。

 

コーキングはシーリングと呼ばれることがあり、塗装工事では同義として扱われています。

また、防水剤としての役割だけでなく、外壁材の緩衝材にも用いられています。

 

建物にはかならずといってもいいくらいに防水や気密目的でコーキングが使われています。

現在ではDIYの流行によりホームセンターでもコーキングが販売されていて手軽に入手することができます。

 

しかし、屋外の場合は風雨にさらされて雨漏りの恐れもありますので、なるべく水が入るような場所はプロの業者にまかせることをおすすめします。

 

【コーキングが使われているところ】

コーキングの画像

 

コーキングが施工されているところはご存じでしょうか?

施工されているところも細かな場所が多いですから、意識して見ないとどこにコーキングが打たれているか気がつかないかもしれません。

 

しかし、先述したようにコーキングが打たれているところは防水を担っていますので、古くなっているのに気がつかないままにするのはよくありません。

 

コーキングが打たれているところを知っておくだけでもどんな状態か気がつくきっかけになりますから、コーキングが施工されているところを覚えておきましょう!

 

コーキングは以下の場所に施工されています。

 

【コーキングが施工されている場所】

・サイディンやALCの目地

・窓などの開口部まわり

・配管などの引き込み部

・ベランダやバルコニー

・笠木の継ぎ目

・給気や排気部材の取り合い部

・破風板や棟板金などの接続部

・クラック(ひび割れ)の補修

 

コーキングは屋外だけでなく室内にも使われています。

室内だと浴室や洗面所、キッチンなどの水回りに使われ、その他にも気密や防水が必要なところにコーキングが打たれています。

 

室内は屋外と比べると劣化しにくい環境にありますが、劣化しないわけではありません。

水漏れの原因になりますので、室内のコーキングも定期的に新しくしておくことをおすすめします。

 

コーキングについてはこちらの「オートンイクシード」もご参考にしてください。

 

【メンテナスのタイミングを逃さない!コーキングの劣化症状】

コーキングの画像

 

それでは次にコーキングの劣化症状についてお伝えします。

コーキングは年数が経つと以下の劣化症状が現れてきます。

 

【コーキングの劣化症状】

・ひび割れ

・破断

・浮き

・剥がれ

・痩せによる隙間

など

 

建物の性能を維持していくためにメンテナンスのサインを見逃さないことが大切です。

コーキングの劣化は水の侵入口を作ることになりますので、劣化症状に気がつけるように普段から気を配っておきましょう。

 

【コーキングを古いままにしておくとどうなる?】

コーキングの画像

 

コーキングが古くなっていると水が屋内に流れ込んできて雨漏りしてしまいます。

雨漏りは建物の性能を著しく落としてしまいますので、なるべく起こさないことが重要です。

もし雨漏りしてしまうと以下の被害を被る恐れがあります。

 

【雨漏りによる被害】

・柱や土台などの構造体の腐食

・シロアリ被害

・鉄部の錆び

・電気配線のショート

・クロスやフローリングなどの内装の損傷

・家電の故障

・家具の故障

など

 

雨漏りの被害を受けてしまうと工事規模も大きなりやすいため注意しましょう。

工事規模が大きくなれば、その分の工事代もかかってしまいます。

 

また、雨漏りは天井や壁から水が滴り落ちてきますから普段の生活に支障をきたし、余計なストレスを感じてしまうでしょう。

 

コーキングのメンテナンスも雨漏りを防ぐことにつながりますので、少しでも違和感を感じましたら専門業者に依頼して不具合がないか点検してもらいましょう。

 

雨漏り修理についてはこちらの「雨漏りスピード補修」をご覧ください。

 

【コーキングのメンテナンスは外壁塗装とセットがおすすめ!】

クリア塗装

 

ここまでコーキングのメンテナンスについてお伝えしてきました。

コーキング工事は建物の防水を保つために大切です。

 

劣化したままにしておくと水が入ってきてしまいますから、状態には気にかけておき、適切なタイミングで新しくしてあげましょう。

 

コーキング工事は外壁塗装と作業が被ります。

高所作業も含まれ施工をするときは足場を設置する必要がありますので、外壁塗装と一緒に行なっておくとメンテナンスコストの節約になりお得です。

 

足場とコストについてはこちらの「屋根と外壁はセットがお得」をご覧ください。

 

コーキングの劣化はなかなか気がつきにくい場所もありますので、これまでメンテナンスをしたことがなかったり、年数が経っていたりしましたら一度専門業者に依頼して点検してもらいましょう。

 

当社も無料で建物診断を行なっております。

お家のことでなにかお困りのことやご不明な点などがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu”

 

船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井で、塗装工事、屋根工事のことなら、W-Win(ダブルウィン)へお気軽にご相談ください。

 

船橋市 外壁塗装、屋根塗装、外装修繕・改修工事なら【株式会社W-Win】


千葉県船橋市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社W-Win (ダブルウィン)
https://www.w-win55.com/
住所:千葉県船橋市咲が丘3-9-22

お問い合わせ窓口:050-7586-3586
(8:30~19:00 土日祝も営業中)

対応エリア:船橋市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://www.w-win55.com/case/
お客様の声 https://www.w-win55.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://www.w-win55.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://www.w-win55.com/contact/


船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井のお客様の声

外壁塗装の施工事例

   

船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics