屋根工事の種類とメンテナススケジュールを解説!

2022年6月30日更新

私たちが快適に生活できるのも屋根があるおかげです。建物は経年劣化してきますから、屋根も当然のことながらいずれメンテナンスが必要になります。屋根で一番心配なのが雨漏りです。雨漏りは天井や壁からポタポタと水が滴ってきますので、とてもじゃありませんが、快適に生活することなんてできません。

 

もちろん生活の不便さだけでなく、建物の状態も雨漏りは悪くさせてしまいます。こういった被害を起こさないためにも屋根のメンテナンスは定期的に行っておきましょう。今回は屋根のメンテナンス工事の種類とメンテナンススケジュールについてお伝えしていきます!

 

【屋根メンテナンス工事の種類】

屋根工事の種類とメンテナススケジュールを解説!

屋根のメンテナンス工事は以下の種類があります。

 

・屋根塗装

・屋根葺き替え

・屋根カバー工事

・棟板金工事

・雪止め工事

 

年数の経過や状態によって適切な工事をすることが大事ですが、どの工事をした方がいいかなどのメンテナンススケジュールについては後述しますので、まずは各工事がどんな工事なのかをご説明します。

 

【屋根塗装】

屋根塗装はスレートやセメント瓦、モニエル瓦、トタン、などの塗装で防水している屋根材に行います。日本瓦、アスファルトシングルなどの屋根材には塗装する必要がありませんので、屋根材の種類に注意しましょう。塗装が必要な屋根は表面にコーティングが施されており、それで防水や耐久性を保っています。

 

このコーティングも経年劣化してきますので塗り替えが必要です。塗装の目安は10年ほどです。塗装が劣化していると美観性も悪くなりますので、性能や美観性の維持のために塗装をご検討ください。

 

屋根塗装についてはこちらから

 

【屋根葺き替え】

屋根の葺き替えは下地、ルーフィング、屋根材、板金類などを交換し、屋根を一新するメンテナンス工事です。屋根の防水はルーフィングが要です。ルーフィングが傷んでいると雨漏りしてしまいますので、葺き替えることで屋根の防水性を向上させることができます。

 

屋根葺き替え工事は解体工事があるため、屋根塗装のような手軽さはなく、比較的に大掛かりな工事になります。メンテナンスが必要になるタイミングはルーフィングが劣化してくる時期が目安で、大体20年ほどからご検討していただくことになります。

 

【屋根カバー工事】

屋根カバー工事は、葺き替えのようにルーフィング、屋根材、板金類を新しくできるメンテナンス工事ですが、大きな違いは既存屋根の上に新しく屋根を葺くため、解体は最小限に済ますことができます。屋根カバー工事のメリットはコストが安価なこと、工期が短いことです。

 

反対にデメリットは屋根が重くなること。屋根の形状や建物の構造によっては屋根カバー工事が適さない場合もあります。また、瓦など厚く重量のある屋根材にはカバー工事ができませんのでご注意ください。

 

屋根カバー工事についてはこちらから

 

【棟板金工事】

棟とは屋根の頭頂部にある頂点のことで、ここには棟板金という板金部材が取り付けてあります。風にあおられて外れてしまうことがありますので、状態には注意が必要です。修理方法は「棟板金の交換」「釘打ち」「シーリング補修」があります。

 

損傷や劣化の具合に合わせて適した修理をしましょう。台風など強風が吹く時期になると棟板金が飛ばされてしまう被害が多く起きています。近隣の建物や車などを傷つけてしまう恐れがありますから、メンテナンスを怠らないようにしましょう。

 

棟板金工事についてはこちらの「屋根板金工事」をご覧ください。

 

【雪止め工事】

雪止めとは屋根の軒先に取り付けられている落雪を防ぐ金物です。雪がよく降る地域の場合はぜひ設置しておきたい部材で、後付けも可能です。屋根に積もった雪は塊になって落ちてくるため非常に危険です。重量もあり、雨樋や落雪したところにある物を破損させる恐れがあります。雪止めがあると雪がそこに止まり、太陽の熱で雪を溶かして落雪を防ぎます。

 

【屋根のメンテナンススケジュール】

屋根工事の種類とメンテナススケジュールを解説!

屋根のメンテナンス工事は状態に合わせて適した工事をすることが大事です。以下にメンテナンススケジュールをまとめましたのでご覧ください。

 

年数 10年目 20年目 30年目
工事名 屋根塗装

屋根塗装or葺き替えorカバー工事

葺き替えorカバー工事
備考 雨漏りが起きていないかぎりは屋根塗装で大丈夫です。棟板金や屋根材などの補修も行なっておきましょう。 屋根の損傷やルーフィングの防水性能の低下が見られる場合は葺き替えまたはカバー工事をご検討ください。雨漏りしている場合は葺き替えが必要です。

30年目からはルーフィングの劣化が懸念されるため、塗装ではなく葺き替えかカバー工事をご検討ください。雨漏りしている場合はカバー工事ではなく、葺き替えが必要です。

 

屋根のメンテナス工事をする際は外壁塗装などの高い場所で作業するメンテナンス工事も一緒にご検討ください。高所作業は足場を設置する必要があります。足場代は15〜25万円ほどと高額ですから、できるだけまとめて工事しておくとコストの節約になります。

 

足場とコストの節約についてはこちらの「屋根と外壁はセットがお得」をご覧ください。

 

【屋根の異変を早期発見するためにW-Winの無料診断をご利用ください!】

屋根工事の種類とメンテナススケジュールを解説!

ここまで屋根のメンテナンス工事についてお伝えしてきました。屋根は建物を守る大切な構造体です。状態を悪くさせてしまうと最悪は雨漏りを引き起こしてしまいますので、定期的にメンテナスを行い、正常な状態を維持しましょう。屋根は高い場所にあり、傷んでいても気がつきにくいです。

 

劣化したまま放置されてしまうことも多いですから、このようなことを避けるために定期的に屋根点検を実施ください。W-Winは無料で建物診断を実施しています。診断後はお客様に最適な工事プランをご提案いたしますのでぜひご相談ください!

 

無料診断の詳しいことについてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu”

 

船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井で、塗装工事、屋根工事のことなら、W-Win(ダブルウィン)へお気軽にご相談ください。

 

船橋市 外壁塗装、屋根塗装、外装修繕・改修工事なら【株式会社W-Win】


千葉県船橋市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社W-Win (ダブルウィン)
https://www.w-win55.com/
住所:千葉県船橋市咲が丘3-9-22

お問い合わせ窓口:050-7586-3586
(8:30~19:00 土日祝も営業中)

対応エリア:船橋市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://www.w-win55.com/case/
お客様の声 https://www.w-win55.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://www.w-win55.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://www.w-win55.com/contact/


船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井のお客様の声

外壁塗装の施工事例

   

船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics