塗装現場レポート

千葉県白井市 A様邸 外壁取り合い部のコーキング打ち 取り合い部は水の侵入に注意!

2022年4月29日更新

千葉県白井市のA様邸にて外壁取り合い部のコーキング打ちを行いました。

取り合い部とは他の部材が接しているところのことをいい、ここはわずかですが隙間ができます。

 

隙間があると水が入り込む心配があり、塗装の仕上がりもきれいになりませんので、コーキングを打って塞いでいきます。

それでは取り合い部のコーキング打ちの作業をお伝えしていきます!

 

前回の現場レポートは破風板の継ぎ目シーリング打ちの作業をご紹介しております。

まだ見ていない方はぜひこちらもご覧ください。

 

「現場レポート:千葉県白井市 A様邸 破風板の継ぎ目コーキング打ち シーリング工事は外壁とご一緒に」

 

【外壁と軒天井の取り合い部】

 

外壁と軒天井の取り合い部にコーキングを打ちました。

コーキングはコーキングガンという専用の道具を使って充填していきます。

 

コーキングガンで打ったままだと表面が凸凹で見栄えが良くありませんので、充填した後はヘラで表面を均します。

また、そのままコーキングを打ってしまうと外壁などまわりにコーキングがついてしまうためマスキングテープで養生をします。

 

養生についてはこちらの「塗装工事の品質もきれいな現場も養生するのとしないとでは大違い!」をご覧ください。

 

【雨押さえと外壁の取り合い部】

 

続いて屋根のところです。

上の写真にある板金を雨押さえと呼びます。

 

外壁で隠れてしまっていますが雨押さえはL字型になっていて立ち上がりがあります。

水が入っても立ち上がりがありますので屋内に水が流れていくのを防ぎますが、端のところはそのまま下に流れていきますので、外側に水が流れるようにコーキングを打っておきます。

 

取り合い部は隙間ができる場所のため防水処理をしておかないと水が屋内に入ってきてしまいます。

コーキングは経年劣化で防水性が低下してきますので、外壁塗装と一緒に新しくすることをおすすめします。

 

コーキングについてはこちらの「コーキング工事はお済みですか?ぜひ外壁塗装とご一緒に!」でも解説しておりますので、良ければこちらもご覧ください。

 

“mu”

 

船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井で、塗装工事、屋根工事のことなら、W-Win(ダブルウィン)へお気軽にご相談ください。

 

船橋市 外壁塗装、屋根塗装、外装修繕・改修工事なら【株式会社W-Win】


千葉県船橋市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社W-Win (ダブルウィン)
https://www.w-win55.com/
住所:千葉県船橋市咲が丘3-9-22

お問い合わせ窓口:050-7586-3586
(8:30~19:00 土日祝も営業中)

対応エリア:船橋市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://www.w-win55.com/case/
お客様の声 https://www.w-win55.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://www.w-win55.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://www.w-win55.com/contact/


船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井のお客様の声

外壁塗装の施工事例

   

船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics