外壁や屋根の塗装って本当に必要?古くなったままにする危険性

2022年2月28日更新

「家の外壁が汚れてきたな〜」

「塗装があせてきて家がなんだか古く見えてきた」

 

このようなお悩みはありませんか?

 

建物は年数が経つと汚れが目立ち、劣化で性能も落ちてきます。

建物を長く維持していくためには定期的にメンテナンスが必要ですが、その一つに塗装工事があります。

 

「別に見栄えを気にしなければ塗装はしなくてもいいんでしょ」

と思われている方、ちょっと待ってください!

塗装は建物の美観を保つためだけではありません。

 

いつも風雨にさらされる建物を守るために塗装は重要な役割を持っていますから、塗装が古くなったままではいろいろと不具合を起こしてしまうことに。

今回は「塗装は必要なの?」という疑問にお答えします!

 

【外壁と屋根はなんで塗装が必要?】

屋根塗装の画像

 

塗装は建物をすっぽりと覆うコーティングというイメージです。

建物を覆うコーティングがなければ、外側から受ける風雨や太陽の紫外線などが建物を痛めてしまいます。

 

建物に使う塗料は樹脂が配合されていて、硬化すると膜を作ります。

この塗料の膜(塗膜)が建物を保護し、風雨から守ってくれています。

 

もちろん外壁材や屋根材の種類によっては塗装が必要ないものもあります。

しかし、一般的な建物に使われているモルタルやサイディング、屋根だとスレートやセメント瓦などは水を吸う性質がありますので、塗装が古くなっていると水を含み、次第に脆くなってきます。

 

水が染み込んでくる状態がさらに悪化すれば建物は雨漏りしてしまいますので、塗装をして建物を風雨から保護することが大切です。

 

このように外壁や屋根は塗装をしておかないと建物の状態が悪くなり、劣化を早めますから塗装はかならず定期的に行っておく必要があります。

 

塗装の流れについてはこちらから

 

【塗装は10年周期が目安】

サイクルの画像

 

塗装の必要性がわかったところで、次はいつ塗装をするのがベストかということが気になるのではないでしょうか。

外壁や屋根の塗装は10年周期が目安です。

 

塗装する建材の種類やすでに塗装されている塗料の性能によってメンテナンス周期は異なりますが、平均的に見ると10年が目安となってきます。

 

外壁や屋根もこのくらいの年数が経ってくるといろいろな劣化症状が出てきますから、塗装が必要なサインを見逃さないようにしましょう。

 

【足場をもっと効率的に!セットでおすすめしたい屋根と外壁の塗装】

足場の画像

 

外壁や屋根の塗装は高所作業がありますので、足場を設置するのは必須です。

足場は1回設置するごとに費用がかかりますから、できるだけまとめて工事をおこなっておくのがコストの節約になります。

 

一度の工事でたくさんの費用をかけたくないからと別々に工事を行なってしまうと、その分だけ足場を設置する回数が増えてしまいます。

足場の設置費用は20万円と高額です。

 

例えば10年間で3回足場を設置する工事をした場合と1回で工事を済ましてしまう場合で考えてみましょう。

3回工事を行なうと足場代は60万円(20万円/回を想定)、1回の工事で済ました場合の足場代は20万円。

なんと3回の工事で済ますのと1回の工事で済ますのとでは10年の間で40万円も差が出ます。

 

このように足場が必要な工事を回数を分けて別々に行なってしまうと、設置した分だけ足場代がかかってしまいます。

屋根と外壁は足場が必要になりますので、塗装を行うときはセットで行う方がコストの節約になります。

 

また、メンテナンススケジュールも合わせることができますので、今後のメンテナンスに必要な工事の負担も軽減することができます。

これから工事を考えている方は、まとめて工事が行えないか、ぜひご検討してみてください。

 

足場とコストについてはこちらの「屋根と外壁はセットがお得」をご覧ください。

 

【塗装が古くなると起きる劣化症状】

チョーキングの画像

 

塗装の周期は10年ほどとお伝えしましたが、もう一つメンテナンスを考える目安としてほしいサインがあります。

塗装は年数が経ってくるといろいろな劣化症状が出てきます。

以下の劣化症状が出てきたら塗装が必要なサインとなりますのでご参考にしてください。

 

【劣化症状】

・チョーキング

・塗装の剥がれや浮き

・ひび割れ(クラック)

・汚れやコケ、カビの付着

・鉄部のサビ

・木部の腐食

・コーキングの劣化

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」でもお伝えしておりますので、ぜひこちらもご参考にしてください。

 

【外壁塗装は付帯部も一緒に!見積もりの見方は?】

雨戸の画像

 

外壁塗装は付帯部という箇所も塗装します。

付帯部に含まれるのは建物によって違いがありますが、以下の箇所が含まれます。

 

【付帯部に入るところ】

・破風板

・軒天井

・鉄部

・木部

・雨樋

・雨戸

・ガラリなどの部材

 

塗装は一箇所でも古くなっているところが残っていると見栄えも中途半端な仕上がりになってしまいます。

外壁がきれいになっても塗装が褪せているところがあれば、むしろその部分が目立ってしまうかもしれません。

 

また、塗装がされていないところがあると、劣化は今後も進んでいき腐食する恐れがあります。

建物を維持していくためには屋根や外壁だけでなく付帯部のところもメンテナンスをしていくことが必要です。

付帯部は見積もりに書かれていますので、工事を行うときはどこを塗装するのかよく内容を確認しておきましょう。

 

見積もりについてはこちらの「外壁塗装の料金について」をご覧ください。

 

【塗装が必要かプロに見てもらいましょう!】

外壁塗装の画像

 

ここまで塗装の必要性についてお伝えしてきました。

建物は経年劣化してきますから定期的に塗装が必要です。

 

年数や劣化症状が塗装をするサインとなりますが、建物を見てメンテナンスが必要か判断するのは中々難しいかと思います。

 

当社は無料で建物診断を実施しておりますので、メンテナンスが必要かわからないときは、ぜひお声がけください。

建物の状態を診断し、お客様に合った工事プランをご提案させていただきます。

 

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu”

 

船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井で、塗装工事、屋根工事のことなら、W-Win(ダブルウィン)へお気軽にご相談ください。

 

船橋市 外壁塗装、屋根塗装、外装修繕・改修工事なら【株式会社W-Win】


千葉県船橋市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社W-Win (ダブルウィン)
https://www.w-win55.com/
住所:千葉県船橋市咲が丘3-9-22

お問い合わせ窓口:050-7586-3586
(8:30~19:00 土日祝も営業中)

対応エリア:船橋市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://www.w-win55.com/case/
お客様の声 https://www.w-win55.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://www.w-win55.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://www.w-win55.com/contact/


船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井のお客様の声

外壁塗装の施工事例

   

船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics