断熱塗料で夏は涼しく、冬は暖かいお部屋に!断熱性を高めるメリットを解説

2022年5月31日更新

遮熱と断熱。

どちらも熱に関係する性能ですが、ちょっと違いがわかりにくいですよね。

 

簡単に説明しますと断熱は熱の流入を防ぐ性能のこと。

断熱性が高いと建物の室温環境が安定し、とても快適に生活することができます。

 

今回は遮熱と断熱の違いや断熱性のメリット、断熱塗料を取り入れる際の注意点などを解説していきます。

 

【断熱とは?遮熱との違い】

まずは遮熱と断熱の違いを見ていきましょう。

 

【断熱と遮熱の違い】

・断熱は熱の移動を防ぎ、遮熱は熱を反射して吸収を抑えるもの

・断熱は室内温度が安定し、遮熱は温度上昇を抑える

 

断熱は熱の移動を防ぐ、遮熱は熱を反射して吸収を抑える、というのがポイントです。

 

熱は外から入ってくるものですが、室内の熱も外に逃げていくことを忘れてはいけません。

 

断熱性の高い建物というのは外からの熱の侵入を防ぐだけでなく、室内の温度を外に逃さないため、室内温度の変化が少なく安定させることができます。

 

エアコンで調節した温度も熱が逃げていかないため、冷暖房効率が良く、電気代の節約にもなります。

 

遮熱性についてはこちらの「遮熱塗料の効果は?メリット・デメリットとおすすめの塗料をご紹介!」で解説しておりますので、良ければこちらもご覧ください。

 

【断熱性を高めるメリット】

それでは断熱性を高めるメリットをもう少し具体的に見ていきましょう。

断熱性のメリットはこちらです。

 

【断熱性を高めるメリット】

・室温の変化がなく快適な生活を送れる

・冬は暖かく、夏は涼しいお部屋に

・省エネ効果で電気代が安くなる

・結露を抑えられる

・防音効果

 

断熱性を高めるメリットを各項目ずつ解説していきます。

 

【室温の変化がなく快適な生活を送れる】

断熱は熱の移動を防ぐ性能ですから、断熱性を高めておくと外や室内の熱の流入・流出が少なくなります。

 

熱の流入や流出が少なくなるということはエアコンで調節した熱が外に逃げていかず、また外からの熱が入ってこないため室温が安定します。

 

遮熱性は外からの熱を遮って温度上昇を抑える性能ですが、断熱性は屋外・屋内の熱の伝わりを抑えて室温の変化を抑える効果があります。

 

【冬は暖かく、夏は涼しいお部屋に】

熱の伝わりを防ぐことで冬は暖かく、夏は涼しいお部屋にすることができます。

熱は外から入ってくるものというイメージが強いですが、室内の温度は反対に外に出ていきます。

 

そのため断熱性の低い建物だとエアコンでどんなに温度を調節してもその熱が外に逃げていってしまい、外からは熱が入ってくるため室温もなかなか安定しません。

 

もう少しわかりやすい例えでお伝えしますと、夏の暑い季節、室温を下げるためにエアコンの温度を下げますが、せっかく冷やした熱の一部は外に逃げてしまい、外からは暑い熱が部屋に入ってくるというイメージです。

 

省エネ効果で電気代が安くなる

先ほどお話ししたようにエアコンで温度を調節しても断熱性が低いとその熱は外に逃げてしまいます。

 

そして夏は暑い熱が、冬は冷たい熱が入ってきます。

これでは室温はなかなか安定しませんし、快適な温度にするためにエアコンの使用も負荷が大きくなります。

 

断熱性を高めておくと熱の流入や流出が少なくなりますので、エアコンを必要以上に効かせる必要がありません。

 

エアコンを使用する負荷が軽減され省エネ効果が期待できるため、結果的に電気代も安くなります。

 

結露を抑えられる

熱の流入・流出が少なくなるということは屋内外での温度差が軽減されるということです。

 

温度差が生じにくくなるとどんな効果が得られるかというと結露が発生しにくくなります。

 

結露は飽和水蒸気量を超えると発生し、その影響によって窓に水滴がついたり、壁紙などにカビが生えてしまいます。

 

断熱性を高め結露の発生を防ぐということは室内温度が快適になるだけでなく、カビの発生を抑えるため健康を守ることにもなります。

 

防音効果

断熱性を高めることで防音効果も得ることができます。

交通量の多い道路や通学路に面している場合は外からの音が入りストレスを感じるかもしれません。

 

防音性が高くなると外からの音が入りにくくなるだけでなく、室内の音も漏れにくくなります。

 

【断熱工事をしても効果を感じないケース】

断熱塗料で夏は涼しく、冬は暖かいお部屋に!断熱性を高めるメリットを解説

ここまで断熱性とはどんな性能か、どんな効果があるのかをお伝えしてきました。

断熱性を高めることで室温が安定し、快適な室内環境を作ることができますが、建物の性能によっては断熱工事をしても効果を感じないかもしれませんのでご注意ください。

 

断熱工事をしても効果を得にくい建物は「すでに天井断熱や屋根断熱などがされている断熱性の高い建物」です。

 

それに代わって断熱工事をして効果を発揮しやすいのは以下の建物です。

 

【断熱工事で効果を発揮する建物】

・熱を吸収しやすい金属屋根の建物

・吹き抜けになっている2階リビング

・断熱性能が低い

 

断熱性能は建物によって異なります。

断熱性を調べるには仕様書などで確認することができますが、専門的なことになりますので業者に断熱工事をして効果を得られるか相談することをおすすめします。

 

【断熱塗料はどんなものがある?】

断熱塗料で夏は涼しく、冬は暖かいお部屋に!断熱性を高めるメリットを解説

断熱工事というと「天井断熱」や「屋根断熱」「窓断熱」が一般的ですが、塗装で断熱性を高めることもできます。

 

塗料には断熱塗料というものがあり、「断熱塗料ガイナ」は室内に塗装することで熱の流出を防ぎ、室内環境を保つ効果を発揮します。

 

ガイナは遮熱と断熱の二つの性能を持ち合わせており、屋根に塗ることで太陽からの熱を反射・放出し、塗る場所で暑さ対策、寒さ対策の両方ができます。

また、防音性の向上、防臭対策、耐久性の向上などの効果もあります。

 

断熱塗料ガイナについてはこちらで詳しくご説明しております。

 

【外壁塗装・屋根塗装ならW-Winにおまかせください!】

断熱塗料で夏は涼しく、冬は暖かいお部屋に!断熱性を高めるメリットを解説

ここまで断熱性について解説してきました。

断熱性を高めたい場合は断熱塗料ガイナがおすすめです。

 

断熱性がどれくらい確保されているかは建物によって違います。

断熱工事を取り入れるかは建物の性能を調べる必要がありますので、断熱工事をご検討している方はぜひご相談ください。

 

W-Winは無料で建物診断を実施しており、お客様に最適な工事プランをご提案させていただきます。

 

気になることやご不明な点などなんでもかまいませんのでお気軽にお問い合わせください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu”

 

船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井で、塗装工事、屋根工事のことなら、W-Win(ダブルウィン)へお気軽にご相談ください。

 

船橋市 外壁塗装、屋根塗装、外装修繕・改修工事なら【株式会社W-Win】


千葉県船橋市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社W-Win (ダブルウィン)
https://www.w-win55.com/
住所:千葉県船橋市咲が丘3-9-22

お問い合わせ窓口:050-7586-3586
(8:30~19:00 土日祝も営業中)

対応エリア:船橋市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://www.w-win55.com/case/
お客様の声 https://www.w-win55.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://www.w-win55.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://www.w-win55.com/contact/


船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井のお客様の声

外壁塗装の施工事例

   

船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics