雨樋を塗装する必要はある?塗装のメリットと色決めのポイント

2022年9月14日更新

「雨樋の塗装は必要なの?」

 

このような疑問を感じたことはないでしょうか?

 

年数が経てば雨樋も汚れや色が褪せてきて建物の見栄えも落ちてきます。

雨樋は雨水を排水する大事な設備です。

いつまでも大切なお住まいを維持するためには雨樋のメンテナスは不可欠です。

 

今回は雨樋の塗装は必要なのか、塗装をしておくメリットやメンテナンス方法、雨樋の色を選ぶポイントについて解説します!

 

【雨樋の塗装は必要?塗装をすることで得られるメリット】

雨樋を塗装する必要はある?塗装のメリットと色決めのポイント

雨樋が色褪せてきて気になっているのなら塗装をおすすめします。現在、住宅に多く採用されている塩ビ製の雨樋は経年劣化で色褪せてきます。色褪せた雨樋は白くくすんだ色になるため、建物の美観性を落としてしまいます。塗装で耐久性が向上するというわけではありませんが、雨樋を塗装しておくことで得られるメリットがあります。

 

それは「不具合を起こしているところを早期発見して修理できる」ということです。

 

メンテナンスのきっかけがないとそのまま放置してしまうものです。しかし、経年劣化して状態がどんどん悪くなれば、いずれ雨樋も壊れてしまいます。雨樋が壊れてから修理するのでは遅く、できれば壊れる前にメンテナンスしておくことが望ましいです。

 

雨樋を塗装することが不具合箇所の早期発見のきっかけになります。

 

もちろん建物の美観性につながるのも雨樋を塗装するメリットです。

 

外壁がきれいになっても雨樋が古いままでは、美観性の向上につながらず、色褪せているところが目立ってしまいます。

 

外壁塗装をするときは雨樋も一緒に塗装しましょう!

 

外壁塗装をお考えの方はこちらの「外壁や屋根の塗装って本当に必要?古くなったままにする危険性」もご参考にしてください。

 

【雨樋の劣化症状】

雨樋を塗装する必要はある?塗装のメリットと色決めのポイント

塩ビ製の雨樋は柔軟性があり、強度も十分にあります。しかし、経年劣化してくるとその柔軟性が失われて破損してしまうことがあります。他にも経年劣化することで以下の症状が現れますので、塗装をする際は一緒に補修をしておきましょう。

 

【雨樋の劣化症状】

・雨樋の破損

・ゴミ詰まり

・雨樋の歪み

・雨樋の勾配のずれ

・雨樋の色あせ

 

雨樋が色褪せて外観の見栄えを落としている場合は、塗装で解決することができます。塗装のサイクルは10年ほどが目安となりますので、外壁塗装と一緒にご検討ください。

 

それではその他の劣化症状についてメンテナンス方法も含めてお伝えしていきます!

 

【ゴミ詰まり】

軒樋や集水器はお椀状になっていますから、植栽や樹木が周辺にあるお家は落ち葉や砂などのゴミが入りやすいです。

 

ゴミが溜まってしまうと水の流れが悪くなり、水漏れを起こしてしまいますので、定期的に清掃しておくことをおすすめします。

 

雨樋の清掃は塗装と一緒にできますから、清掃が必要な場合は塗装とご一緒にご検討ください。

 

また、ゴミが入らないように落ち葉除けネットもあります。

 

軒樋に被せておくことでゴミが入りにくくなりますので、落ち葉除けネットの導入もご検討してみてはいかがでしょうか。

 

【雨樋の破損、歪み、勾配のずれ】

雨樋の破損や歪み、勾配のずれは、経年劣化によって生じる症状です。補修だけでは解決できないケースもありますので、このような場合は雨樋の交換をご検討ください。

 

 

前述したように塩ビ製の雨樋は年数が経つにつれて柔軟性が失われてきます。風にもあおられますから、接合部のところから割れてしまうことがあります。破損物が風に飛ばされて近隣の建物を傷つけてしまうと大変ですので、損傷には注意して早めに対処しておきましょう。

 

太陽の紫外線などが原因して雨樋が歪んでしまうことがあります。歪みが顕著に現れると水漏れを起こしてしまいます。また、勾配(傾斜)がずれてしまいますので、このような場合は交換が必要です。

 

現在取り付けられている雨樋の種類や状態によって部分交換か全交換で修理方法が変わります。雨樋はサイズや形状に種類があり、適合する雨樋でないと部分交換ができません。

 

廃盤品だと部材調達ができませんので、このような場合は雨樋を全交換しなければいけません。

 

交換部材が現行品なのか調べるにはメーカー名や品番などを確認する必要がありますが、一般の方が確認するには大変かと思いますので、修理を検討している方は専門業者に依頼して調べてもらうことをおすすめします。

 

W-Winは雨樋修理も承っておりますので、なにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

雨樋修理についてはこちらの「雨どい工事(修理・交換)」をご覧ください。

 

【雨樋はどんな色がおすすめ?】

雨樋を塗装する必要はある?塗装のメリットと色決めのポイント

雨樋も外観のアクセントになります。雨樋にかぎらずですが、塗装工事はどんな色にするかで一番悩まれるのではないでしょうか?雨樋の色のポイントは以下の5つです

 

【雨樋の色のポイント】

・外壁と同じ色にする

・屋根と同じ色にする

・破風板と同じ色にする

・サッシと同じ色にする

 

ある程度統一感を持って色を決めるとすっきりとした印象になります。逆に何色も使ってしまうとまとまりがなくなり、デザイン性が損なわれてしまいますのでご注意ください。

 

当社はカラーシミュレーションを実施しておりますので、色決めのときはご参考にしてください。

詳しくはこちらの「カラーシミュレーター」をご覧ください。

 

【雨樋を塗装するときは一緒に修理もしましょう!】

雨樋を塗装する必要はある?塗装のメリットと色決めのポイント

雨樋は屋根からの雨水を排水する大事な設備です。雨樋が水漏れなどの不具合を起こしていると建物の劣化を早める原因にもなります。

 

塗装は美観向上が大半の目的になりますが、塗装をすることで不具合を起こしているところを発見するきっかけにもなります。

 

当社は雨樋修理も承っておりますので、塗装と一緒に工事をすることができます。高所作業となるため、同じタイミングで修理しておけばメンテナンスコストの節約にもなりますので、しばらくメンテナンスをしていないという方は、ぜひご検討ください。

 

雨樋の修理方法については「雨樋が壊れてしまった!修理方法とお得に工事ができる方法を解説します!」で詳しく解説しておりますので、ぜひこちらをご覧ください。

 

“mu”

 

船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井で、塗装工事、屋根工事のことなら、W-Win(ダブルウィン)へお気軽にご相談ください。

 

船橋市 外壁塗装、屋根塗装、外装修繕・改修工事なら【株式会社W-Win】


千葉県船橋市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社W-Win (ダブルウィン)
https://www.w-win55.com/
住所:千葉県船橋市咲が丘3-9-22

お問い合わせ窓口:050-7586-3586
(8:30~19:00 土日祝も営業中)

対応エリア:船橋市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://www.w-win55.com/case/
お客様の声 https://www.w-win55.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://www.w-win55.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://www.w-win55.com/contact/


船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井のお客様の声

外壁塗装の施工事例

   

船橋、鎌ヶ谷、習志野、市川、白井地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics